あぜっ地理(交通・通信)

 

1 交通・通信の発達    2 鉄道交通    3 自動車交通    4 船舶交通

5 航空交通    6 パイプライン・送電線    7 情報と通信    目次へ

 

7 情報と通信

(1)通信技術の発達

  ①インテルサット(INTELSAT / 国際電気通信衛星機構)

    …太平洋、インド洋、大西洋上の静止衛星による通信サービス機構(1964年発足)

   <参考> INTELSAT(公式H.P.)

  ②ランドサット

    …アメリカ航空宇宙局(NASA)が打ち上げた地球観測衛星

      →送られてきたデータは、農作物の分布状況、森林や湖水の調査、地形の測量、金属資源の探査といった目的のために世界中で利用されている。

   <参考> Landsat Science(公式H.P.)

  ③衛星放送

     …衛星放送は、赤道上空36,000kmにある人工衛星を使って、家庭に直接電波を送るので、山など障害物が多い地域にも電波を送ることができる。

   <参考> 「衛星放送の仕組み」(衛星放送協会)

  ④GNSS(Global Navigation Satellite System / 全球測位衛星システム)

    …GPS、GLONASS、Galileo、準天頂衛星(QZSS)等の衛星測位システムの総称。

     1993年にGPS(アメリカの軍事衛星を利用した測位システム)の民生運用を開始。

   <参考>「3分でわかるGNSS(全世界測位システム)のお話」(計測・試験機器総合Web展)

  ⑥海底通信ケーブル…現在は、海外との通信のほとんどは海底ケーブルでやりとりされている。

   <参考> 「海底ケーブルのヒミツ」(NEC キッズ・テクノロジー・ワールド)

        「Submarine Cable Map」(海底ケーブルの世界地図)

  ⑦インターネット…1960年代からアメリカで開発。1995年から商業化。

(2)各国の通信メディアの状況

  ①移動電話(携帯電話)…世界全体で移動電話の契約数が固定電話の契約数を上回っている。

            先進国だけでなく、アジアやアフリカの発展途上国でも急速に普及している。

            →移動電話は、固定電話より設備投資が少なくて済む。

             基地局を建てるだけで開始することができる。

100人あたり固定電話・移動電話契約数のExcelファイル

mandara10で作成。地図ファイルは、WORLD_2020を利用ください。

  ②インターネット…発展途上国では、インターネット利用者率が低い。

           →情報インフラの整備が遅れている。パソコンを保有している人が少ない。

            経済発展が著しいマレーシアは、インターネット利用者率が高い。

インターネット利用者率のExcelファイル

mandara10で作成。地図ファイルは、WORLD_2020を利用ください。

  ③日刊新聞の発行部数…通信メディアの発達によって、先進国では発行部数は減少している。

     日本の日刊紙の発行部数(各年10月、日本新聞協会経営業務部調べ)

       全発行部数   53,708,831部(2000年)→35,091,944部(2020年)

       1世帯当たり部数 1.13部(2000年)→0.61部(2020年)

    <参考>「新聞の発行部数と世帯数の推移」(日本新聞協会)

「主な国の日刊新聞発行部数」のExcelファイル

           ※アメリカ…全国紙がないので、発行紙数が多い。

            インド…22の公用語があり、発行紙数が多い。発行部数も多い。

            成人百人当たりの発行部数が多い国…日本、韓国、インド、ドイツ

(3)高度情報社会の問題点

  ①デジタルデバイド…情報技術が、新たな経済較差を生み出す要因になっている。

  ②個人情報の漏洩…情報機器の普及や情報通信ネットワークの整備による新たな犯罪の増加。

 

1 交通・通信の発達    2 鉄道交通    3 自動車交通    4 船舶交通

5 航空交通    6 パイプライン・送電線    7 情報と通信    目次へ

Copyright © AZETA Toyotoshi All Rights Reserved.